法人化

不動産投資で法人化のタイミングはいつ?【今すぐがおすすめ】

こんにちは。

不動産投資家のカジ社長です。

今回は、サラリーマン大家の方や初心者の方が不動産投資で法人化するタイミングはなぜ今が良いのか?についてお話していこうと思います。

まだ法人設立していない初心者や中級者向けですが、

ココに注意

最低でもCF100万円くらいの規模拡大を前提として取り組んでる人に向けた記事となっていることをご留意ください。

 

初めに私の実績を紹介させて頂くと、をは不動産投資歴3年3ヶ月で、満室時の賃料収入は月134.2万、月のCFは月87万円ほどです。

連絡を取り合える大家仲間も100人以上いますが、周りの大家仲間は7割以上は法人化しています。

 

こんな方におすすめ

  • 不動産投資を始めたいが、法人設立のタイミングが分からない
  • 不動産投資で規模を拡大することは決めている
  • 法人化することのメリットを知りたい

 

それでは、本題に入っていきたいと思います。

 

不動産投資で法人化するタイミングはなぜ今が良いのか?

法人オフィス

 

不動産投資で最低でも月のCF100万円を目指す場合は、不動産投資で法人化するタイミングは今です。

なぜ今なのかについては、様々な角度からお伝えしていきます。

  1. 節税面のメリットが大きい
  2. 規模拡大するのであれば、法人設立は必ず通る道なので、早い方が良い
  3. 金融機関からの信用力があがるため、規模拡大のスピードが速くなる
  4. 不動産投資家として、不動産賃貸業の社長としての腹が決まり、行動が変わる

 

一つずつ解説していきます。

 

1.節税面のメリットが大きい

節税

 

法人税は所得税と比べて税率が安いことが理由です。

 

個人で不動産投資をする場合は、住民税の均等割分と合計で所得税率は最大55%です。

法人の税率は最大38%程度と個人の税率よりも低いのです。

法人化することの一つ目のメリットは個人よりも税率を下げられることです。

 

また、税率以外にも様々な節税が可能になることが、2つ目の理由です。

例えば、法人で利用する事務所は経費として計上が可能になりますので、現在住んでる賃貸マンションを事務所兼自宅とすることで、50~80%は経費計上が可能です。※個人事業主も可能だが信用力から法人の方が認められやすい傾向にあると思います

また、自動車の購入費や維持費、法人の方が個人と比較して、経費として認められる範囲が広いです。

家族(役員)への給与を渡すことが出来たり、後々の話になりますが、退職金を出すことで大きな節税にできたりします。

 

詳しくは、税理士さんへ相談することをおすすめします。

 

2.規模拡大するのであれば、法人設立は必ず通る道なので、早い方が良い

法人

 

個人の青色申告で65万円の特別控除を利用するためには、事業的規模である5棟10室基準が必要になります。

そういった面から個人で事業的規模に到達してから法人設立でも良いという意見もありますが、法人設立は必ず通る道ですので、私は早い方が良いと考えます。

私の周りでは、7割以上は法人設立してると冒頭でお伝えしましたが、不動産投資を始めて、3年以上経過しているのにもかかわらず、規模拡大できていない方の多くは法人化していないことがほとんどです。

また、早く法人化しておけば良かったという言葉を多く聞きますので、規模拡大を目指す皆さんはいち早く法人設立することを強くお勧めします。

 

3.金融機関からの信用力があがるため、規模拡大のスピードが速くなる

スピード

 

サラリーマンの方なら良くお分かりいただけると思いますが、法人と個人の取引先がいる場合は、どちらが信用力があると考えますか?

当然ながら金融機関も同じことを考えます。

ましてや融資が引き締めが起こっていて、サラリーマンの兼業は融資をしない金融機関が増えている中ですので、法人化しないことが機会損失になってしまいます。

融資を受ける際は、事業としてやってることを、金融機関が認めなければなりません。

私は早い段階で、法人設立と共に以下のことを行いまいした。

 

メモ

・法人用の名刺※必須です

・固定番号の取得※固定電話なくても月1000円くらいで取得できます

・HP作成※簡単に作れます

・法人口座開設

楽天銀行が開設しやすい

 

上記の三つは金融機関によっては必須ではないですが、あった方が良いので、準備された方が良いと思います。

 

4.不動産投資家として、不動産賃貸業の社長としての腹が決まり、行動が変わる

談笑

 

法人設立に伴い、口座と名刺は必須で作りますが、こういったどうでも良いと思うような小さいことを積み重ねていくことが重要だと思います。

不動産投資ではなく、不動産賃貸業の会社の社長として、腹が決まってくることが、不動産投資で成功するための重要な要素になると思います。

 

法人設立の費用

草

■法人設立の相場です。

株式会社:24万円

合同会社:10万円

私はこちらのひとりでできるもんというサービスを使って、格安で合同会社を作りました。

 

ひとりでできるもんでは、今キャンペーンをやっており、以下の費用でできます。

株式会社:210,500円

合同会社:65,000円

 

まとめ

綺麗な夕日

 

今回は、不動産投資で法人化するタイミングはなぜ今が良いのか?について解説をしてきましたが、ご理解いただけましたか?

法人化するタイミングについては、いろいろな意見があり、多くの方が迷われているのも事実です。

私としては、規模拡大を前提とする場合は、一日も早く法人化するべきだとお伝えしてきました。

多くの不動産投資家の仲間であったり、メガ大家と呼ばれる賃貸収入1億以上の方たちも、ほとんどの人が法人設立は早い方が良いと仰っています。

皆さんの参考になれば幸いです。

法人化のタイミングについて学んだあとは、収益物件を探すために初心者が収益不動産を探す方法【おすすめの検索サイトまとめ】も読んで頂ければ幸いです。

森
初心者が収益不動産を探す方法【おすすめの検索サイトまとめ】

これを記事を読んでくださってる方は、収益物件を購入して不動産投資家になりたい、もしくは基礎から学び直したいという方だと思います。 私も収益物件の検索を始めたばかりの頃は、まさに暗中模索といった感じで、 ...

 

人気の記事

-法人化
-

Copyright© 不動産投資初心者向けの総合サイト , 2020 All Rights Reserved.