30歳年収300万円台から始めた「不動産投資」で脱サラ〜月収200万達成までの軌跡

低年収でも不動産投資で資産を増やして、自由₍時間・お金・精神的₎を得る方法を教えます。

フォローする

不動産投資・シェアハウスの自主管理~募集の際の撮影のポイントを抑えることが満室経営に繋がる~②

皆さんこんばんは!

今日は仕事終わりの深夜の投稿です。

Twitterも始めたので、よろしければフォローして頂けると嬉しいです。

さて本題ですが、

今回は9/1に公開をした

不動産投資の自主管理~募集の際の撮影のポイントを抑えることが満室経営に繋がる~①

の第二弾となります。

主に物件を自主撮影する際のポイントを書いていきます。

撮影をする際の基本の五箇条を抑える

基本的な内容ですが、このポイントを抑えることが出来れば、

多くのメリットがあります。

①シェアハウス自主管理の際に自分で撮影したクオリティの高い写真を

 ポータルサイトへ掲載出来る。

②外注する必要がなく、節約できる。(相場は1~5万)

③初心者の方でも自分の物件を撮影することが出来る

④管理会社任せになっていた撮影も、「良し悪し」を判断することが出来るようになり

 アドバイスをしたり、自分で撮影した写真をポータルサイトへ掲載することができる

どうでしょうか?

私もカメラに関してはまだまだ勉強し始めたばかりですが、

不動産物件専門のプロカメラマンからポイントを教えて頂いたことで、

正直、マイソクの写真を見る目が変わりました。

とにかく広く撮る

自分で自主撮影した際も無意識にやっていたポイントですが、
とにかく広く撮るということです。
人間の心理的に圧迫感を感じるような
狭いところに住みたいと思いませんからね。
また、シェアハウスでは4.5畳のコンパクトな部屋もあり
出来るだけ広いと感じてもらえるかが非常に重要になってきますので
下記のポイントを意識して撮影してみるといいでしょう。
広く撮るためのポイントとしては、
①壁に背中をつけて、少しでも広く撮る
⇒10センチ違うだけでかなり感じ方が変わりますので試してみて下さい。
 少しでも広く撮るために背中をつけて撮影をします。
②ドアの外から撮る
⇒①よりも広く撮影できますので
 4.5畳と普通のアパートなどよりも
 コンパクトな部屋が多いシェアハウスではこの撮影方法は必須だと思います。

視点を通して撮る

①写真の中に情報を出来る限り多く、詰め込む
 ⇒ドアやふすまは閉じて撮影するよりも開けて撮影することで
    より広く、またドアの先に何があるのかを見せることが出来ます。
  エアコンがあるのかトイレがあるのかなど。
 クローゼットの撮影もドアの先を撮ることで
 開放感がある写真を演出できます。
  エアコン、インターフォン、ガスコンロなどは設備として単体で撮るのでもOK

視線は真っすぐ撮る

撮影したのがプロなのか素人なのか一目で分かるのが
縦と横のラインがずれているかどうかです。
逆に言えば、真っすぐに撮れていればまともな写真に見えますので
非常に重要です。
①カメラを真っすぐ構える
⇒当たり前ですが、意外と難しいポイントですので
 本当に綺麗な写真を撮るためには、三脚があった方が良いです。
②カメラに水平器機能がついているものを購入する
③グリット機能を利用する
⇒iphoneでも設定が出来るので、
 カメラを購入する予定がなく、スマホでまずは挑戦したい方は
 非常にお勧めですので試してみて下さい。
 カメラに目安となる線が表示され圧倒的に撮影しやすくなります。
 普通のカメラであれば標準されている機能だそうです。
ちなみに私は現在カメラは購入してないので、
iphoneを使って撮影しました。

視点を下げて撮る

初心者の方であれば、意外と思われる方も多いかもしれませんが、

視点を下げて撮ることで全体のバランスがぐっと良くなります。

ポイントとしては、

①中腰になってカメラを固定する

⇒出来れば、三脚が望ましい

②撮影した写真の両側の縦のラインが真っすぐになっているか

⇒素人の方が撮影した場合、ハの字か、逆ハの字になってしまいます。

ハの字にならずに撮れるか、ここも重要なポイントです。

何を伝えたいのか考えて撮る

上記の4点を意識したうえで、

その写真から何を伝えたいのか考えながら撮るということです。

個人的には、基本と言いながらもここはセンスが問われる部分だと思うので

ほかの4カ条と比較すると難易度は高めですが、

意識するだけで変わる部分だと思います。

例えば、

①日差しが良い部屋というのを売りにしたいなら

日差しが強い時間で撮影する。

方角によっても違うが、10ー14時は日差しも強いので

日当たりが良いことを演出できます。

②ステージングを実施して、モダンな落ち着く雰囲気を演出するなら

夜の撮影など。

カメラは勉強すればするほど、奥が深くて面白くて

私も物件撮影用のカメラ購入を本格検討しています。

不動産専門カメラマンの方にお勧めのカメラを聞いてきましたので

後程共有させていただきます。

ミラーレス一眼のデジタルカメラと一眼レフカメラの価格が

意外にも変わらないので、この際一眼レフカメラを三脚付きで購入しようかと検討中です。

皆さんの何かの助けになれれば幸いです。

コメントなど頂けますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする